nature

純国産宝絹展 日本橋三越 2014

純国産宝絹で織られた生地を使用し、2020年に東京で開催されるオリンピックをテーマに五輪の青、黄、黒、緑、赤をベースカラーとしたタペストリーです。五輪の色にはそれぞれ、青=水・黄=砂・黒=土・緑=木・赤=火、といった自然の根源を表す説があり、天然の絹とテーマがここで出会います。それぞれの自然のイメージは抽象化され、ダイナミックで、動きが感じられるデザインになりました。あくまでも「日本」にこだわり、「日本の伝統色」*から色を丁寧に選んで用いられています。

 TOP

CLIENT: 株式会社 マルシバ

MANUFACTURE: 株式会社 甲斐絹座

REFINE AND BE FINE.

2016 YUKO MINAMIDE concept.

©