TAYA Renewal 2010 Competition

 

ファサードを厚みの違うアルミのバーでスリットを構成しながら、一階のエントランス部分だけを残して横に渡しながら縦のつながりを作る。既存の主たる部分を大きく変更することなく、インパクトを与えることを可能にする。長い歴史を持つ田屋を昔から愛用している人にとって田屋のロケーションは知られている。新しい顧客を呼ぶにあたって好奇心を持てる特徴的なファサードをもつことにより、既存の大きな看板は取り除いた。

 

 

 

 

 

中に入ると、落ち着いた趣きで女性でも訪れやすいようにソフトな感じをもたらした。レイアウトは率直でシンプルにした。一目でアイテムの居場所がわかるようになっている。

田屋の伝統と誇りを代表するネクタイは片側壁一面にディスプレイし、柄全体が見やすいようにバーにかけて並べる方式をとった。向かいの壁全体には田屋の歴史を物語る写真をパノラマのように壁紙として施した。

この場所で新しいお店の歴史が作られていくのと同時に今までに築かれてきた歴史を誰のこころにもとどめておけるようにと考えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

VIPサロンもある2階は男の隠れ家をイメージし色のトーンを落としたグレーと天然木を基調としたインテリアとなっている。

 

全体として重要とするところはできる限りフェイクではないリアルなマテリアルを使用するというところにある。田屋のクォリティと伝統ある商品い匹敵させるだけでなく、天然のマテリアルは田屋の歴史と同様、留まることはなく時間とともに風合いをなし共に歴史を作り上げていくことができると考えたからである。

REFINE AND BE FINE.

2018 YUKO MINAMIDE concept.

©